法人 経費 保険 メリット

法人の経費にできる保険に入るメリットについて

今回は法人の経費にできる保険に入るメリットについて書いていきたいと思います。

法人の保険で節税を考えている人は、自分で色々と調べていると思います。調べているとメリットが多く書かれている所を目にすると思いますが、会社にとって法人の保険を最大限に生かすことが出来るようにメリットをしっかりと理解する必要があるのです。

ではどのようなメリットがあるのか書いていきます。

・一般的な節税方法より節税買おうかが高い所
法人税の節税をする時に初めに考えるのは、経費を増やして利益を圧縮することではないでしょうか。一般的に、社員旅行や社員車の購入などだと思います。 法人の保険も保険料を損金するので同じようなことです。 単純な節税の観点から考えてみると、法人保険が最も効果が高くなりますが、違いがあるので紹介します。 *社員旅行は、経費として認められるのは、社員旅行費が社会通念上一般的な範囲までです。
*車の購入は、減価償却分が経費になるので節税効果は小さいようです。
*法人保険は、大きな損金の金額が設定できて、さらに解約するとお金が戻ってきます。
社員旅行の場合は、旅行費は返ってきません。そして社員旅行と認められるには、4泊5日以内にしないといけませんし、全従業員の半分以上が参加していることが条件のようです。また旅行費が1人あたりの金額が高い場合は、経費にすることが出来ないようです。
私の旦那の会社の場合は、社員旅行に行かない人は、後日に旅行費が返ってきました。
車の購入の場合は、購入金額の全額をすぐに経費に出来るわけではないようです。1度資産として計上してから、その減価償却分が経費になります。 もし1000万円の車を購入した場合、新車の減価償却期間は6年で、1000万円÷6年で166.6万円になります。1年目の経費として損金することが出来るのは、減価償却費166.6万円になるのです。 ですが法人保険は、1000万円の保険料を払うと、全てか1/2を損金することが出来るのです。なので、同じ1000万円払ったとしても、法人保険の方が節税効果が高いのがわかると思います。 法人保険は、一般的な節税方法より節税効果ははるかに高い物が多いです。 また法人保険は、解約したら全額に近い金額が戻ってくる所もポイントで大きなメリットだと思います。

・緊急時の予備資金を帳簿外に貯めておくことが出来ます。
会社の経営をしていると、何度も現金がなくて不安になってしまった時期があった人もいたと思います。 今の時点では順調であっても、いつ天災などの不慮の事態になるかわかりません。ですがそんな時に、帳簿外に緊急予備資金を貯めておくことが出来るので、法人保険のメリットな部分だと思います。 法人保険は、解約してから約1週間くらいで解約返戻金を受け取ることが出来ると思います。保険商品によって異なりますが、満期の近くまで加入していると返戻金は、ほとんど全額に近い金額が戻ってきます。ということは、自分が支払った保険料がそのまま戻ってくるということになります。 法人保険は、加入すると帳簿外に資金を貯めることが出来るのです。そしていざという時に急予備資金に出来ます。 保険の満期が10年だとすると、このときに解約すると今まで払った保険料1000万円×10年で1億円が返戻金として戻ってくるということです。ですが、貸借対照表に書かれている保険料積立金は5000万円です。 この場合は、5000万円です。 この場合は、5000万円を帳簿外に貯めることが出来ます。 5000万円が緊急予備資金になり、急にまとまったお金が必要な時には、キャッシュフローを痛めることなく準備をすることが出来ますし、会社にとって、非常に心強いお金だと思います。 決済直前でも行えるものがある 決算期直前で予想以上の利益が出ることが確実であわてて法人税対策を考える、経営者の人もいるのではないでしょうか。 法人保険は、2週間は欲しいですが、急いでいる時には、急ぎの場合は最低でも1週間あれば間に合うと思います。 法人保険に加入の流れのポイントは、法人保険の審査が通った時点ではなくて、契約して保険料を銀行に振り込んだ時点で損金に計上できるということで、最低でも1週間で決済に間に合わせることが出来るのです。 ですが、保険に加入する時に健康状態を調べる審査がありますが、その結果が出るのに約2週間位かかるので、審査をした結果加入できないと保険料は戻りません。 その時保険料を損金計上し決済を終わらせてしまっている時は、翌朝の雑収入になります。 もし審査が通らなかった時は、保険料は損金計上したままになります。 審査が通らないというのは、稀なことなので保険を検討する時は、専門家を相談しつつ、後悔しないように保険を選ぶ必要があります。 また検討する時は、しっかりと時間を取っておくといいでしょう。

・節税しながら保険の内容に応じて保障を受けることが出来る
当たり前のメリットですが、法人保険は保障があるということだと思います。

経営者の人は「自分に何かがあった時に会社は大丈夫なのか」と心配になる事があると思います。 保険に入ることによって、万が一の時に備えることが出来るのです。 経営者に何かがあると、会社内が混乱してしまい銀行や取引先などからの信用が落ちてしまい、融資が止められてしまうなどの経営危機に立たされてしまう可能性もあります。 そして役員や社員へ給与や賞与が十分に支払われない可能性もあるのです。

そのような状態の時に死亡保険金を受け取ることが出来れば、十分に経営を立て直しをはかることが出来るのではないでしょうか。

また他にも、解約返戻金を経営者や従業員の退職金にあてることも出来るのです。 将来の退職金を準備しようと思っても銀行預金などいつでも引き出せるものだと貯められないという経営者も多いと思います。

法人保険であれば節税をして、保障を受けながら退職金を貯めることが出来るのです。

このようなメリットがありました。気になる方は参考にしてみてください。

↑ PAGE TOP