法人 経費 保険 知っておくこと

法人の経費にできる保険で知っておくことについて

今回は法人の経費にできる保険について知っておくと良いことについて書いていきたいと思います。

会社の経営をしていると、節税対策というものを避けて通ることは出来ないのです。 そして自分の頭である程度考えられるようになる必要があります。結果的に専門家に相談するとしても自分で考えないという訳にはいかないのです。

経営者向けに書かれた法人税の節税対策についての本やサイトがたくさんあります。その中には優れたものも多くあるようです。 ですが、細かい知識や専門的な知識が含まれている物や、複雑な計算方法や図が書かれていたりと読むのが面倒になってしまうことがあるために「後で読もう」と避けてしまう人もいると思います。

しかし有益な情報に触れることが出来るせっかくのいい機会に、その情報を生かすことが出来ないととてももったいないと思います。

なので今回は、節税方法が理解できるように、説明していきたいと思います。 しっかり理解できることで、自分の会社にとって有益なのかを考えることが出来るようになるのではないでしょうか。

節税について抑えておくと良いことは、「節税効果について」と「キャッシュが必要なのか」ということです。

まずは、節税効果についてです。 1番に考えなくてはいけないことは、節税の最終的な効果はどうなるのかということです。 節税方法や節税対策と言っても、効果がずっと続くものと、そうでないものがあるのです。

課税の繰り延べという言葉を聞いたことがある人も、聞いたことがない人もいると思います。 「課税の繰り延べ」というのは、その行為をすると一時的に損金が減り税金が安くなりますが、あとになってから益金が計上されるなどして、結果的に税金を払わなくてはいけないということを言います。 課税のタイミングを後にずらしただけということになります。

このような時には、はじめから益金計上と同じタイミングで、同じ程度の金額の損金を計上できるプロジェクトなどを用意する必要があるのです。 節税と言われている物でも、節税しているように見えて、実際は節税をまったくしていないという物もあるので、気を付けましょう。

次にキャッシュは必要なのかについてですが、節税のためにキャッシュを使う必要があるのか、ないのかという点も重要です。

会社を経営するために大切なことは、貴重な資金を無駄使いしないで、将来的にも安定して利益を出して、従業員の生活を守ることではないでしょうか。 キャッシュを減らして本来の事業に回さなくてはいけない資金を犠牲にしてまで節税対策をするというのは、取り違えていると思います。特にキャッシュフローが豊富ではない場合に、出費を伴う節税対策は逆効果になってしまう可能性が高いので、キャッシュが必要な物には注意しましょう。

普段からの節税対策は、未払い費用を年度内に損金計上することです。 従業員の給料や、事務所の賃料、水道光熱費、通信費などを思い出してみましょう。 このような物は、毎月継続してサービスを受けて、費用は翌月に「後払い」で払うという物ですよね。 そうして、年度内にサービスを受けて、費用を次の年度になってから後払いするものを「未払い費用」と言い、その年度の損金に算入することが出来るのです。

中小企業の場合は、未払い費用の金額を年度内に計上するということが徹底されていない場合が見受けられ、結果本来の損金に算入するべきものが算入されていないことがあるかもしれません。

未払い費用をその年度の損金として計上するということは、決算の直前の駆け込み的な節税手段としてすることも出来ようですが、節税の計画を立てやすくするためにも普段から徹底しておくべきなのです。

そして短期前払い費用を年度内に損金計上することです。 前払い費用とは、未払い費用の逆のことで、これから受けようとしているサービスの代金を前払いするもののことを言います。

前払い費用は原則として、あとでサービスを受けた時に損金に算入することになっているのです。ですが、短期前払い費用というのは、その例外を認める物なのです。

前払い費用を契約書で年払いに指定して、決算までに次の年度までの分を一括で支払えば、例外として、年度の損金に次の年度までの1年分の金額を一気に算入することが出来ることがあります。

短期前払い費用の例外が認められるには、相手側との契約で毎年同じように継続して年払いになっている必要があるのです。

今まで月払いだった場合には、改めて相手側と合意の上で契約書を作り直し、それ以降の支払いを年払いに変更しなくてはいけません。

短期前払い費用は、節税対策として有効な手段を普段から念頭に置いておく必要があります。ですが、期末になってから駆け込み的に行う対策をしてもかなり有効と言えるでしょう。

期末に駆け込み的に、今している契約を年払いに変更したり、新しい契約をしたり、代金を年払いと定めたり、年度内に代金を支払うと、短期前払い費用として損金に計上することが出来るのです。 ですが、新しい契約を結ぼうとしている場合には、キャッシュが必要になりますので、節税のみの目的で契約をしないようにしましょう。

他にも各種の費用の支出のタイミングについてです。 会社の収益が上がるタイミングを見通して、各州の費用の支出のタイミングを調節することが大切です。 もしも黒字による益金の増加が見込まれるような年度に、大規模な設備投資や修繕の予定を少しだけ前倒ししていて年度内に行うとすれと、その費用を損金に算入し、黒字の幅を小さくすることが出来るのです。 ですが、近い年度も確実に予定されている支出のみです。

このようなことを知っておくと、少しでも理解できるようになるのではないでしょうか。 他にも知っておくと良いことがたくさんあるかもしれませんが、すぐに全てを理解するのは大変かもしれませんが、徐々に理解できるようになると思いますので参考にしてみてください。

↑ PAGE TOP